握りやすく操作しやすい

ロブテックス エアーリベッター ロブテックス(大阪府東大阪市、072・980・1111)は1月23日、「タテ型エアーリベッターARV―015MX」を新たに発売した。従来品に比べ、すっきりとした設計に変更し、作業性を向上させるなど、組立ラインなどに最適だ。

 特長は吊下げ用バランサー、エアー供給口が同方向になり、取回し性を向上、ショートホースの曲がりをなくすことでマンドレルの詰まりを低減させた「ストレート排出」やストロークを従来品の14㎜から16㎜にさせた「ストロークアップ」など機能が充実したほか、手元にあった出っ張りをなくすことで作業性も向上させ、メンテナンス性にも優れる。4.8㎜のステンレスリベットに対応。

日本産機新聞 平成29年(2017年)2月25日号