従来比2倍の歯面強度

SPF−HL 小原歯車工業(埼玉県川口市、048・255・4871)はこのほど、歯面にレーザ焼入れを施した焼入ラック「SPF‐HL」を標準化した。従来の高周波焼入れタイプに比べ、高い耐久性を保持しながらコストを抑えた。m1.5~6まで21種類を揃える。

 独自のレーザ焼入れ機で処理することで、歯面強度は55~65HRCを実現。高周波焼入れタイプと比較すると、2割ほど製品コストを抑え、歯面強度は2倍以上も向上した。また、焼入れ処理による歪みが少ないのも特長。

 同社では、「今後、レーザ焼入れの需要は増えていく」とし、穴径や、キー溝、タップの追加工製品シリーズ「Jシリーズ」にも対応する。

日本産機新聞 平成29年(2017年)1月5日号