回転半径小さく、狭所の作業に

4枚刃のパイプカッタ MCC写真_R

 MCCコーポレーション(大阪府東大阪市、06・6747・6921)はこのほど、4枚刃のパイプカッタ「PCFB―50」を発売した。4枚刃で回転半径が小さくて済むため、狭所での作業に適している。
 従来の1枚刃のパイプカッタでは、パイプを切断するのに360度回転させる必要があった。同製品は4枚刃のため、130度の回転でパイプが切れる。このため、壁面があるような狭所での切断もできる。また、刃には高級ベアリングを採用し、荷重も大幅に削減。刃の交換も不要でステンレスや一層の被覆鋼管も切断できる。
 4枚刃だとパイプサイズが確認しづらいという要望にも応え、サイズが一目でわかるようにサイズ表示も付けた。

日本産機新聞 平成26年(2014年)10月25日号