車や航空機のニーズに対応

s^ŒTÆ0¯0Ë0«0

 平和テクニカ(東京都中央区、小池達夫社長、03・3249・0981)は、12月1日、切断素材の大型化ニーズに応え、トクウストイシの「アザ―レ・シリーズ」を新発売。φ230・φ255シリーズを拡販、ラインアップ強化した。
 大判シリーズが前年比10%増と市場のニーズ拡大に対応して開発。特殊鋼、高速度鋼、ダイス鋼、炭素繊維プラスチック、非鉄金属、ステンレス、タングステン、モリブデン、コバルトなどに対応。今回新製品と共にタイ語WEBサイトも公開した。
 小池社長は、「今年3月、タイにカッティングセンターを立ち上げた。この間、技術者を派遣し、実演とセミナーを行った。ユーザー訪問では、切断機とトイシの有効使用されている企業が少なく、今後有望市場と見ている。タイの展示会では、新製品トイシ・各切断機を展示し、多くの方にPRができた。今後は、技術セミナーを開催する、在庫スペースを確保するなど、日本と共にものづくりに貢献し、タイを拠点に、東南アジア需要を掘り起こしたい。現在約5%の海外販売比率を数年後に約25%に伸ばしたい」。

日本産機新聞 平成27年(2015年)1月5日号