小さな部品の研磨に

DSB-200HIV

DSB-200HIV

 
DSB-200IV

DSB-200IV

 両端の軸にバフを取付け回転させる電動工具のバッファー。手作業でしかできない仕上げや磨き、バリ取り加工には欠かせない装置だ。その装置を製造・販売する下村電友舎製作所(福島県双葉郡、0240・27・2866)が昨年12月、小型の変速バッファーを発売した。

 同社は、特殊モータメーカーとして1917年に創業。産業用から一般用まであらゆる機械に内蔵されるモータを手掛けてきた。50年ほど前から現在の看板製品であるバッファーを売り出し、今では同製品を手掛ける国内唯一の会社となった。

 約15年前には、ワークや研磨材の素材が多様化したことから、自由に回転数を変えられる変速式を開発。今回発売したのは、より小型部品の研磨作業に適したモデル。出力は200W。回転数は毎分1000から4000回転と、他の変速シリーズと変化はないが、バフの最大外径が180㎜と小型化している。

 機種は「DSB-200IV」と、微細研磨に適した「DSB-200HIV」の2つを揃える。同社製の小型集塵機「PC-M1」や「PC-10」と組み合わせられる。

日本産機新聞 平成28年(2016年)1月25日号